1. ホーム
  2. モノを楽しむ
  3. モノで遊ぶ
  4. 海にはお宝がたくさん。ビーチコーミングのすゝめ。

海にはお宝がたくさん。ビーチコーミングのすゝめ。

海のゴミ拾いって聞くと、なんだかすごく面倒くさそうだけど、ビーチコーミングって聞くとちょっとオシャレな感じがしませんか? 海をキレイにしつつ、海でお宝探し。今回はそんなゆる~い感じで人気のビーチコーミングを紹介します!

ビーチコーミングって何!?

筆者は海の近くに住んでいるので、ビーチコーミングというものが割と身近にあります。

いつも意識しているわけではありませんが、ビーチコーミングといえばビーチコーミング。

それ以上でもそれ以下でもありません。

でも、筆者が思っている以上に「ビーチコーミング」というものが、世間ではあまり知られていないようでした。

(知ってました?)

ふとした時にビーチコーミングの話をすると、「ビーチコーミングって、トレイルランの海版?」とか「なんか新しいマリンスポーツ?」とか、ヒドい時には「それっておいしいの?」とか……、まあとにかくビーチコーミングはあまり知られていないのでした。

じゃあ、ビーチコーミングってなんなのかというと、簡単にいうと、海の漂流物集め。

貝殻だったり、流木だったり、陶器のかけらだったり、そんなものをビーチで拾い集めることを指します。

でも、筆者にとってはどちらかというと海のゴミ拾い(ビーチクリーン)の延長線上にあるもの、というイメージ。

海のゴミを拾っている時に、なんかキレイな貝殻とか、絶妙にまんまるな石なんかが見つかったらラッキーみたいな……。

「海のお宝探し」というビーチアクティビティ。

そんなワケで、筆者のビーチコーミングのメインはゴミ拾いです。

なんでも海に流れつくゴミの7割以上は、海の近くではなく、街や山のほうから川を経由して流されてきたゴミなんだとか。

(おいおい、ゴミ拾い、やる気なくすわ!)

それはさておき、「海にゴミ拾いに行こう!」といっても誰もついてこないので、「海にビーチコーミングに行こう!」といって、子どもたちを海に誘い出すわけです。

確かに、ゴミを拾うだけでは、ぜんぜん楽しくないんです。

でもそこに「お宝探し」というエッセンスが加わると、ちょっとしたアクティビティになるし、ビーチコーミングで集めた貝殻や流木を利用してインテリアやアクセサリーをつくる方もいるほどです。

(実際に作品や商品として販売している人も!)

なにより海辺でお宝を探すビーチコーミングって、単純に、楽しいんですよ。子どもはもちろん大人でも!

 

涼やかなニュアンスのシーグラス!

じゃあ、ビーチコーミングってどうやるかというと、やり方はいたってシンプルです。

 

この記事は有料会員限定です。
会員登録後、有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

おすすめの記事