1. ホーム
  2. モノへの愛着
  3. メンテナンス
  4. レザージャケットのメンテナンス【禁断の番外編】

レザージャケットのメンテナンス【禁断の番外編】

前回の【基本編】に続き、今回は「禁断の丸洗い」に挑戦してみました。「え? レザージャケットを丸洗いなんてできるの!?」。そう怪訝に思われる方もいらっしゃるでしょうが、結論から申し上げるとできるんです!

前回の記事/レザージャケットのメンテナンス【基本編】

シーズンが終わって、汗の匂いや汚れが気になってしょうがない。でも、クリーニング店にお願いするとお金がかかるし、仕上がりも不安……という方は意外と多いのではないでしょうか。

そこで、案ずるより生むが易し! 自宅で丸洗いしてしまう方法をお教えいたしましょう。

ただし、スエード(起毛革)の丸洗いだけは絶対にNG。ナイーブな革素材を用いたハイブランドのレザージャケットもオススメできません。多少はダメージが残っても“味わい”として許容できない方は、きちんと専門業者さんやクリーニング屋さんにご相談してくださいね。押さえておくべきポイントを少しでも誤ると、縮んだり、型崩れを起こしたり、修復不可能な大惨事を招くことも。あくまでも自己責任でお願いします(汗)。

大まかな流れは以下の通り。

・洗う前にクリーナーで汚れをできるだけとる
・汚れが溜まりやすいファスナー部分は使い古しの歯ブラシなどでブラッシング
・タライや浴室などに水を張り、オシャレ着用洗剤を少々入れて優しく水洗い
・できるだけ短時間で革を傷めないよう脱水 →日陰干し
・乾いたらオイルやクリームで油分補給 →日陰干し

いざ、さっそく行ってみましょう。

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

おすすめの記事