1. ホーム
  2. モノへの愛着
  3. メンテナンス
  4. 毎日使うからこそ大切に。木製まな板のメンテナンス

毎日使うからこそ大切に。木製まな板のメンテナンス

料理をする人も、そうでない人も、ほとんどの人が持っているであろうまな板。特に人気の高いまな板は木製のものだと思うけど、手入れが難しそうで購入に二の足を踏んでいる人も多いのではないだろうか?でも手入れをして長く使えば一生モノのアイテムに!

いいものを長く使うと愛着がわき、心が豊かになる

料理をする際に欠かせないまな板。多数の素材のまな板がある中でも、木製のまな板はメンテナンスが大変なイメージ。

確かに最初はめんどくさいと感じるかもしれない。だけど、ちゃんと手入れをすれば、10年以上、いや、一生使えるアイテムになる。

長く使えばそれだけ愛着がわく。特に木製のまな板は、使えば使うほど味が出てきて、使う時の気分もアップしていくだろう。カビたり傷がついたら、衛生面を考えて買い替えるという考え方もアリだけど、日々の手入れをしっかりしていいものを長く使えば、将来的に見てコストカットにもなるし、「物を大事にする」という心も育まれる。

この「物を大事にする」というのは、「手入れする」ということにつながると思うのだけど、この手入れする時間が心を豊かにしてくれることは間違いない。

木製まな板の魅力って何?

では、そもそも木製のまな板の良さって何だろうか?

メンテナンスが大変でも愛用する人が数多くいるのは、それを知ってもなお使い続ける魅力があるから。改めて思い出してみると、外食をした際にプロの料理人が使っているまな板は木製ばかり。それも分厚いものが多い気がする…。

それはなぜなのか、料理を生業にしている友人に聞いてみたところ、こんな答えが。

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

おすすめの記事